お知らせ・コラム

ねじれた歯並びを短期間で治すには?

前歯がねじれて見た目が悪く、きれいな歯並びにしたい場合、治療の方法として最も良いと方法は、歯を削らずに済む矯正です。しかしながら矯正は治療期間が長くかかりますので、それでも差し支えなければの話です。今回の症例のように、歯のねじれの原因が矯正後の後戻りによるものであれば(図1)、もう一度矯正をやり直すことに抵抗を感じるでしょう。 矯正をせずに短期間で歯並びを治すには、かぶせ物(クラウン)で補正するしかありません。ただし、そこには歯のねじれを補正するために、健全な歯を大きく削除するというデメリットが生じます。またその際に歯髄(歯の神経)が露出する場合も考えられます。

図1 術前 矯正後の後戻りで、歯がねじれてきた(矢印)

この治療法を行うにあたっては、自然な色調と耐久性を長期にわたって維持し歯を長持ちさせなくてはなりません。
ここで重要なポイントがあります。

一つは歯髄(歯の神経)が露出しても除去せずに保存することです(図2)。歯髄は歯の成熟に関与しているので、若年者であればなおさら保存することが重要になります。また歯髄を除去すると歯が変色することが多いため、かぶせ物をしても歯根の変色が透過して歯肉が暗く見えてしまい、長期的にみると見た目が損なわれる結果となってしまいます。

図2 形成時に神経(歯髄)が露出しても、保存することが可能。歯の変色が防止できる。

もう一つは、かぶせ物には金属フレームの入っていないオールセラミッククラウンを使用することです。この場合、天然歯と同じような光の透過性があり自然な色調に見えます(図3)。また、つなぎ目も目立たないというメリットもあります。

図3 術後 オールセラミッククラウンにより短期間で自然な色調ときれいな歯並びが得られた。

もし前歯の歯並びが気になるようでしたら、いくつかの治療方法が提案できますので一度ご相談下さい。

診療項目

山手通り歯科
住所
〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-16-8 Yファームビル3F
アクセス
東急東横線、東京メトロ日比谷線の『中目黒駅正面口』改札を出て山手通りを左に進み徒歩2分

03-5768-5517
(完全予約制 / 当日診療は事前にお電話ください)

日・祝
09:30~13:00 × ×
14:30~20:00 × ×

※受付は診療終了時間の30分前まで

医院紹介・アクセス