お知らせ・コラム

前歯にできた虫歯の治療方法は?

前歯に虫歯ができると見た目の印象は悪くなります。虫歯の大きさ、歯髄(歯の神経)の有無、現在の修復処置の状態などで治療方法が変わりますが、今回は前歯の比較的小さな虫歯のコンポジットレジン修復法について紹介します。

図1は術前写真で、歯と歯の間(歯間部)に虫歯があります。そのまま歯を削ると痛いので局所麻酔後、切削器具で虫歯を除去します(図2)。
切削した穴(窩洞)を消毒した後、ボンディング剤を塗布し(図3)エアで薄く延ばしボンド層を硬化させるための青い光を照射します(図4)。次に隣在歯が接着しないようフィルムをはさみ、コンポジットレジンを填入し同じく青い光を照射します(図5)。光照射によってわずか10秒程度で簡単にレジンが硬化します。あとは形態修正、咬み合わせの調整と研磨で処置が完了します(図6)。

コンポジットレジン修復に使用する材料は各材料メーカーより多数出ています(図7)。ボンディング剤は1液性の簡便なタイプや2液性の接着力重視のタイプがあり、1液性ボンドでも最近では接着力がかなり向上し進化を遂げています。レジン充填材も種類によって流れのよいペーストタイプやパテ状タイプ、また材質的に耐摩耗性が高いもの、表面滑沢性の高いもの、色調再現性の高いものなど様々な特性があり、治療部位や優先順位を考えて材料を選択しています。

術前 歯間部の虫歯が透過して見える
図1 術前
歯間部の虫歯が透過して見える

窩洞形成後 虫歯を切削器具で除去
図2 窩洞形成後
虫歯を切削器具で除去

ボンディング剤塗布 消毒後、ボンドを塗布
図3 ボンディング剤塗布
消毒後、ボンドを塗布

光照射
図4 光照射
ボンドをエアで薄く延ばしボンド層を光で硬化させる

コンポジットレジン充填 ペーストタイプの充填材を填入し光照射で硬化させる
図5 コンポジットレジン充填
ペーストタイプの充填材を填入し光照射で硬化させる

術後 歯と同じ色調になり審美的に回復した
図6 術後
歯と同じ色調になり審美的に回復した

コンポジットレジン修復材料 ボンディング材料と充填材料
図7 コンポジットレジン修復材料
ボンディング材料と充填材料

診療項目

山手通り歯科
住所
〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-16-8 Yファームビル3F
アクセス
東急東横線、東京メトロ日比谷線の『中目黒駅正面口』改札を出て山手通りを左に進み徒歩2分

03-5768-5517
(完全予約制 / 当日診療は事前にお電話ください)

日・祝
09:30~13:00 × ×
14:30~20:00 × ×

※受付は診療終了時間の30分前まで

医院紹介・アクセス