お知らせ・コラム

根管治療をしても治らない場合はどうする?

レントゲンで歯根の先端(根尖)に黒い影(透過像)が写っている場合(図1a,図2a)、根管内部が細菌感染しているため、根管の清掃と消毒が必要になります(感染根管治療)。 根管治療が成功すれば根尖部のレントゲン透過像は縮小し、やがて消失します(図2b)。3ヶ月位で病変の縮小は確認できるので治癒しつつあるかどうかの診断ができます。 しかし十分な根管治療をしたにもかかわらず病変が縮小しない場合は、歯根嚢胞になっている可能性があります(2011年2月コラム)。この場合は根尖部の嚢胞を外科的に摘出しなければなりません。図1bのように根尖部付近の歯肉を切開しそこから嚢胞を摘出しますが、嚢胞の取り残しがないように歯根の先端も切除します(歯根端切除術・図1c )。これで数か月から1年経過をみて病変が消失すれば治癒したと診断できます(図1d)。 小さな病変でも歯根嚢胞になっていて根管治療だけでは治らないものや、逆に非常に大きな根尖病変でも根管治療のみで治癒するケースもあるので(図2)、どちらにしても長期的に経過をみていくことは重要です。

図1a 上顎側切歯の根尖病変. 根尖部にレントゲン透過像(黒い影)が見られる
図1a 上顎側切歯の根尖病変. 根尖部にレントゲン透過像(黒い影)が見られる

図2a 下顎中切歯の根尖病変.かなり大きいレントゲン透過像
図2a 下顎中切歯の根尖病変. かなり大きいレントゲン透過像

図1b 根管治療後1年経過しても病変の縮小がなく、歯根端切除と嚢胞摘出を行った
図1b 根管治療後1年経過しても病変の縮小がなく、 歯根端切除と嚢胞摘出を行った

図2b 根管治療のみで1年後に病変が消失し治癒した
図2b 根管治療のみで 1年後に病変が消失し治癒した

図1c 歯根端切除および嚢胞摘出後のレントゲン写真
図1c 歯根端切除および 嚢胞摘出後のレントゲン写真

図1d 1年後病変が消失し治癒した
図1d 1年後病変が 消失し治癒した

診療項目

山手通り歯科
住所
〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-16-8 Yファームビル3F
アクセス
東急東横線、東京メトロ日比谷線の『中目黒駅正面口』改札を出て山手通りを左に進み徒歩2分

03-5768-5517
(完全予約制 / 当日診療は事前にお電話ください)

日・祝
09:30~13:00 × ×
14:30~20:00 × ×

※受付は診療終了時間の30分前まで

医院紹介・アクセス