お知らせ・コラム

歯の根元の歯肉にできた“イボ”の正体は?

歯の痛みはないのに歯肉にイボのようなものが出来てはつぶれ、治ったかと思ったらまたイボができてしまったという経験はありませんか?(図1矢印
実はこのイボは、あなたの見えない歯の内部で大きな問題が生じているサインの一つです。レントゲンで見てみると、根の先端部に黒くて丸い大きな影が見えますが(図2矢印)、この影は骨が溶けて膿(うみ)が溜まっている場所です。この膿の出口が歯肉に出来た“イボ”なのです。
ではなぜ根の先端部に膿が溜まってしまうのでしょうか?
大きな虫歯で歯の神経(歯髄)を取った際に内部に細菌が残っていると、細菌が増殖して根の先端から骨の方へと押し出され、膿ができる原因となります。この症状は差し歯などが入っている歯に多く見られますが、比較的小さな虫歯治療でも内部で感染を引き起こし、神経(歯髄)が腐敗して同様の症状が現れることがあります。 骨の中で膿が増えてくると通常は大きな痛みが発現しますが、骨を突き破って歯肉から膿が出るほど状態が悪化すると(図3)、痛みはほとんど出なくなります。痛みがないから安心と思いきや、ここまで放置するとかなりの重症です。 治療方法は、差し歯や詰め物を外して歯根の中を消毒して無菌化すれば治癒していきますが、場合によっては歯根の先端を外科的に切除しなければならないこともあります。
あなたの気が付かないうちにこのような事態にならないよう、定期的な検診で歯の内部もチェックしてもらいましょう。

図1 図1

図2 図2

図3 図3

診療項目

山手通り歯科
住所
〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-16-8 Yファームビル3F
アクセス
東急東横線、東京メトロ日比谷線の『中目黒駅正面口』改札を出て山手通りを左に進み徒歩2分

03-5768-5517
(完全予約制 / 当日診療は事前にお電話ください)

日・祝
09:30~13:00 × ×
14:30~20:00 × ×

※受付は診療終了時間の30分前まで

医院紹介・アクセス