お知らせ・コラム

歯を抜いたままにしておくとどうなる?

『ひどい虫歯で歯を抜いてしまった。でも痛みはないし、それなりに食事もできるからほったらかしにしている。』
このように歯が抜けたまま放置しておいても大丈夫だと思いますか?
実は歯が抜けたままにしておくと長い目で見た場合、いろいろな弊害が生じます。
例えば奥歯で途中の歯が欠損している場合、隣の奥歯が手前に傾いてきます(図1)。歯の軸が斜めになってしまうため、強い力で食べ物が咬めなくなったり、咬み合わせのバランスが崩れて顎の調子が悪くなったりすることがあります。

図1

また歯を抜けたままにしておくと、対合する歯(下の歯がない場合、その直上の歯・図2)が飛び出してきます。こうなると飛び出した歯は食事のたびにひっかかり、顎の動きが妨げられて顎の調子が悪くなることがあります。

図2

このような好ましくない歯の移動が起きてしまうと、歯を元の位置に戻すのは困難で、その後の歯の治療が大変になってしまいます。
痛くないからといって放置せずに、欠損部や周囲の歯の状態を考慮して、ブリッジやインプラントなどによる欠損部の治療を早めに行ったほうがよいでしょう。

診療項目

山手通り歯科
住所
〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-16-8 Yファームビル3F
アクセス
東急東横線、東京メトロ日比谷線の『中目黒駅正面口』改札を出て山手通りを左に進み徒歩2分

03-5768-5517
(完全予約制 / 当日診療は事前にお電話ください)

日・祝
09:30~13:00 × ×
14:30~20:00 × ×

※受付は診療終了時間の30分前まで

医院紹介・アクセス