お知らせ・コラム

治療中の歯に仮歯を入れるのは見た目を良くするためだけ?

歯を形成し歯型を採得してから、作製した歯冠修復物を接着して治療が完了するまでの間、形成した歯(支台歯)には仮歯が装着されます。
 特に前歯の場合、仮歯がないと見た目に大きく影響するため、仮歯の目的が見た目を良くすることだけのように思われがちですが、実は仮歯は見た目以外にも様々な役割を果たすとても重要なものです。
 以下に仮歯装着の目的を列記します。

①審美性(見た目)の確保
特に前歯では仮歯がないと見た目が非常に悪く、日常生活に支障をきたす(図1・図2)

②歯の位置関係の保持
歯を形成し隣在歯との間に隙間があくと歯は移動しやすく、修復物の調整が困難になる(図3・図4)

③咀嚼(そしゃく)機能の回復
仮歯がない状態では食事がしづらくなるので、仮歯で咀嚼機能を回復する。

④歯面の保護
神経のある歯(有髄歯)はしみやすいので、仮歯で歯面を保護する必要がある。また仮歯は形成面が汚染されるのを防ぐ。

⑤歯肉の圧排
歯肉が移動して形成面に接すると、歯と修復物との接着に支障をきたすため(図5)仮歯で歯肉を圧排する(図3・図4)

⑥歯冠修復物設計の指針
歯の形成によって修復物の形態や材料の厚さが適切に確保されるかどうか、仮歯の形態や厚さを見て判断する

⑦発音機能の回復
特に前歯では仮歯がないと発音に影響をきたす

などがあります。
ただし誤解してはならないのが、仮歯はあくまで仮であり、歯と接着させているわけではないということです。長期間放置すると歯面が汚染されて虫歯になったり、仮歯が擦り減って位置関係が変わったりしますので、見た目が良くなったからといって仮歯のままにせず必ず歯冠修復物を接着して治療を完了させて下さい。

形成した直後の前歯
図1 形成した直後の前歯:このままでは見た目が悪く日常生活に支障をきたす。



図2 仮歯装着後:仮歯によって見た目を回復するとともに、形態のバランスが取れているか確認する。



図3 大臼歯の形成後:隣在歯との隙間があるため、このままでは歯の位置関係が変わりやすい。



図4 仮歯装着後:仮歯装着によって歯の位置関係を保持しておけば歯冠修復物の調整が容易になる。また適合の良い仮歯は歯肉をきれいに圧排することができる。

歯肉の圧排ができていない状態
図5 歯肉の圧排ができていない状態(矢印):歯肉が形成した歯の上に乗っているため、歯冠修復物の接着がうまくいかない。歯肉が圧排され、図3のような歯肉になっていることが望ましい。

診療項目

山手通り歯科
住所
〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-16-8 Yファームビル3F
アクセス
東急東横線、東京メトロ日比谷線の『中目黒駅正面口』改札を出て山手通りを左に進み徒歩2分

03-5768-5517
(完全予約制 / 当日診療は事前にお電話ください)

日・祝
09:30~13:00 × ×
14:30~20:00 × ×

※受付は診療終了時間の30分前まで

医院紹介・アクセス